toplogoimage

脳内コア構想

管理人の不毛な戯言
秋の実感

日本シリーズが始まった。
ドラフト会議も済んだし、いよいよ今年のプロ野球も大詰めである。
日本一が決まると、あとは新人の入団交渉やら、引退発表やら、
さらにはトレードやら、監督・コーチの交代やら、いろいろ騒がしくなる。
プロ野球のシーズンオフは、ある種の風物詩とも言えるだろう。

ともあれ、今年の日本シリーズだが、ホークスファンとしては複雑である。
なんだかんだ言ってもパ・リーグ2位だったしなあ。
リーグ優勝からの日本シリーズ進出じゃないと、値打ちがないし、カープにも失礼だよ。
正直、クライマックスシリーズには反対だ。
あれはもう少し別のやり方を考えるべきだと思う。

まあ、南海時代からのファンとしては、優勝争いに関われるだけでも喜ばなければいけないんだけどねえ…


PCエンジンでは野球ゲームというと、
プロ野球ワールドスタジアム(1988年5月20日/ナムコ)に始まって、
ザ・プロ野球SUPER’94(1994年6月17日/インテック)まで、
計15本のソフトが発売されている。

1988年の秋に南海からダイエーへと身売りされたホークスだが、
これはPCエンジンのデビューからほぼ1年後である。
この間に発売された野球ゲームは2本だけで、
つまり、ホークスが南海(あるいはそのパロディ)として扱われているのはここまでなのだ。
具体的にいうと、3本目にあたるパワーリーグII(1989年8月8日)ではすでにダイエーっぽいオレンジ色のデザイン。

もっとも、1本目に当たるワールドスタジアムではレールウェイズだったけどさ…
(とはいえ、チームカラーは南海を思わせる緑色ではあるが)

南海ホークスを堪能できるPCエンジンの野球ソフトは、パワーリーグだけということになる。

余談だが、南海と同じ年、阪急もオリックスに身売りされている。
ここからさらに5年ほどの間にオリックスがブルーウェーブになったり、
大洋→横浜大洋になり、名前もホエールズからベイスターズに。
ロッテもオリオンズからマリーンズへと変わっていく。
この変化に対応したゲームサイドの変遷を探るのも楽しいかもしれない。

…そんな時間、いつあるんだ…

日時 2018年10月27日 23:41 | 固定リンク | コメント (0)


この記事にコメントする(ただし20件を超えると受理できません)
お名前

メールアドレス

URL

コメント

   情報を記憶
管理人近影

わりと似ているかも

『もってけたまご』

最新の記事

  • 『青いブリンク』追記
  • 「文化の日」ということで
  • 31周年ということで…
  • 秋の実感
  • ムカデ探し

  • 最新のコメント

  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)
  • 『青いブリンク』追記 (link)

  • <<   2018年10月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    書庫

  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (4)

  • 管理

  • 日記編集